グラン・ブーケ ルドン~秘密の花園展

 

 

大好きなルドンの作品展 「ルドン~秘密の花園」展へ。

お目当ては、この展覧会チラシに掲載されていた「グラン・ブーケ」。

このブルーを生で観れるのを楽しみにしていました。

なんとこの度は、ドムシ―男爵の城間の食堂壁画の当時の状況を再現。

 

会場内を足を進めていく内にモノクロ版画の世界から、

彩りも鮮やかになり、やがてどーんと現れる大きなグラン・ブーケでクライマックスを迎える。

展覧会自体がストーリーになっていて、とても楽しめました。

 

途中、ドムシ―城の食堂再現ルーム(模写)では、写真もOKでした。

 

ルドンー秘密の花園 便覧より

 

 

 

ひなぎく、ななかまど、南仏ミモザとその可憐な花々が夢幻の光の中に。

 

 

そして、突如視界に現れるグラン・ブーケ。

す。

 

音声ガイド ナビゲーターは石丸幹二さん。

実は、大学時代の友人なんですよ^^

情感溢れる語りのおかげで絵にストーリーを感じることができました。

 

ルドンは、文筆家としての才能もあったそうですが、楽器も嗜んでいて

若い頃レイサック夫人のサロンでは、ショーソンのピアノに合わせて、

ヴァイオリンを演奏していたそう。

 

流れたのは、ショーソン「終わりなき歌」。

「あの人は行ってしまった。
風よ、あの人に私は死んでいくと伝えておくれ。」

哀しい優しさに満ちた曲です。

 

プロローグ、エピローグでは、このCDのラヴェルの弦楽四重奏も流れていました。

 

 


そして、グラン・ブーケのバックには、ルドン、ショーソンたちと親交のあったドビュッシーから

「牧神の午後」の前奏曲~作曲者自身による2台のピアノのための版。

 

 

 

 

 

 

グラン・ブーケの大きく、鮮やかな色彩の中に包まれながら、聴くドビュッシー。

本当に来て良かった。

 

便覧では、館長の高橋明也氏のこのグラン・ブーケを所蔵するにいたった経緯が

インタビュー形式で語られていて、感動しました。

音楽もそうだと思いますが、一枚の本物に出逢う幸せは、

こういうたくさんの人とこの絵の出逢いによるものなのですね。

感謝。