ドビュッシー100年目の命日。

 

100年前の今日、ドビュッシーは天に召されました。

 

昨年4月より青柳いづみこさんが連載なさっている「ドビュッシー最後の一年」

更新を待ち望んだ一年でした。

 

晩年病気のために仕事ができなくなり、貧困のため石炭さえ買えなかった時に

石炭と引き換えに書いた『石炭の明かりに照らしだされた夕べ』、

(→連載「石炭がほしい!」より。)

楽譜をフランスから取り寄せたことを思い出し、今朝、弾いてみました。

 

 

この曲は、青年時代の歌曲「ボードレールの5つの詩」

第一曲《露台》の詩句「炭火の暖かさに照らし出された夕べ」と、

第二曲《夕べの調べ》の詩句「音と香りは夕暮れの大気に漂う」に基づく

前奏曲集第一巻第4曲から引用されています。

(小鍛冶邦隆氏CD収録作品解説より)

若き佳き日を思い出しながら書いたのでしょうか。

胸が熱くなりました。

 

「印象主義の作曲者」と言われることをとても嫌っていたドビュッシー。

 

ドビュッシーは印象派ではない?前奏曲より「ヒースの荒野」

 

連載ラストは、「没後100年、ドビュッシーの音楽は、

なお扉を開かれるのを待っている。」ということで閉められています。

 

昨夜は、その真実を伝え続けてこられた青柳いずみこさんによる

「ドビュッシー没後100年命日前日メモリアルコンサート」に参りました。

 

 

プログラム最後、青柳いづみこさんのドビュッシーへの想いを知る会場のみなで

彼女の「雪の上の足跡」を聴きながら、共に追悼の意を捧げました。

 

 

追記です。

その時、会場に展示してあった資料たちについてはこちら。

 

ドビュッシーメモリアルコンサートで展示されていた資料

[ ドビュッシー100年目の命日。 ]アート&ライブ&ブック, , 2018/03/25 10:17