プログラム「地球の子どもたちへ」第一幕 

 

発表会2019レポ 続きます。
本日は、第一幕プログラム曲について。

一幕は、サン=サーンスの連弾曲集「動物の謝肉祭」をところどころに散りばめました。

序曲は「ライオンの行進」、フィナーレに「化石~フィナーレ」

どちらも4人8手連弾。


そして、2人4手連弾「水族館」「らば」「白鳥」はこの楽譜から。

 

絵本「地球のこどもたちへ」

この本のことは、こちらにも書いています。→☆☆☆

 

他の曲は、絵本のシーンからイメージする曲をそれぞれ選んでプログラムを作りました。

 

地球のこどもたちへ ~音楽で綴る地球からの手紙

 

 文     シム=シメール

 演奏    小さなピアニストたち

 朗読    木山みづほ

 ゲスト出演 三宮麻由子・戸賀﨑璃生

 企画・指導 馬場 睦

 主催    OTOHA PIANOSALON

     子どもたちが描いた「草原の緑」

 

プログラム    第一部

『動物の謝肉祭』より「序曲とライオンの王の行進」サン=サーンス作曲・轟 千尋編曲

S君(小1)/ Mさん(小3)/Jさん(小3)/K君(小3)

★《連弾曲は高声部よりPRIMO、SECOND、TERZO、QUARTOの

パートの演奏者順に記します。以下プログラム中 同様です。》

 

私はあなたたちの住む家、母なる地球なのです

『森のスケッチ』より「野ばらに寄す」マクダウェル作曲 T君(小2)

「コルトルダンス]     シマノフスカ作曲   R君(小2)

『四季』より「トロイカ」 チャイコフスキー作曲   R君(中1)

 

地球に暮らす生き物はみな家族です。

「亜麻色の髪の乙女」 ドビュッシー作曲   Hさん(小6)

「かっこうワルツ」 ヨメーソン作曲  M君(年中)・お母様・お父様

「子犬のワルツ」  ショパン作曲   Aさん(中1)

「小人のパレード」 福島直子作曲   K君(小3)

「ねこふんじゃった即興曲」 轟 千尋作曲    Eさん(小3)

 

生き物たちは悲しんでいます。

『動物の謝肉祭』より サン=サーンス作曲・宮本良樹編曲

「水族館」   Sさん(小3)&Yさん(小4)

「らば」    Aさん(中2)/Aさん(高2)

「ポロネーズ 遺作ト短調」 ショパン作曲  H君(小6)

「ワルツ 14番 ホ短調」 ショパン作曲    T君(中3)

『地球』より「ひとりぼっちのゾウガメジョージのつぶやき」 田中カレン作曲 S君(小1)

「おちばの舞踏会」  後藤ミカ作曲  Jさん(小3)

「GIFT」  桜井和寿作曲・内田美雪編曲   Y君 (小6)

 

ひとりひとりの小さな手助けが必要なのです。

「まほうつかいのよる」 樹原涼子作曲  M君(年中)

「月の光」 ドビュッシー作曲   H君(中1)

「いいことがありそう!」   湯山 昭作曲    Mさん(小3)

「ショパン風マズルカ」 クログルスキ作曲      Mさん(小4)

「スケルツオ2番」  ショパン作曲   A君(高1)

『動物の謝肉祭』より サン=サーンス作曲・轟 千尋編曲

「白鳥」  Eさん(小3)&Aさん(中1)

「 化石~フィナーレ」  R君(小2)/Eさん(小3)/T君(小2)/R君(中1)

 

プログラム続きます。