カテゴリー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

積み重ねてきたものは何があっても奪われない。

 

 

あれができない これができない、
と 落ち込むのはもったいない
積み重ねてきたものは 何があっても奪われない

ー 舘野泉

 

これは先日もご紹介した館野泉さんの著書

「命の響」(集英社館)より

以前の記事はこちら→★★★

 

この本の中で館野さんは、右半身麻痺となった今は

弾くことができないけれど

「倒れるまでに身に着けたレパートリーが

現在の左手の演奏を支えている。」

と書かれています。

「目に見えないけれど、自分の中に蓄積され、

しっかり呼吸しているのがわかる。」と。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その左手で奏でる音楽を聴きたくて、先日、

館野泉さん79歳のバースデーコンサートに行ってきました。

 

最初のシャコンヌの一音を聴いた途端、

深く温かい音に体中が包まれて涙が溢れました。

 

館野さんといえば日本で初めてファンクラブのできた

クラシック演奏家だそうです。

おそらく人生の色んな節で音楽を共有なされたであろう

人生の大先輩の方々が慈しみ深い眼差しを

ステージに向けられていました。

美しく年を重ねられている草笛光子さんの朗読と

音楽のかけあいもとても粋でした。

わたしもあんな風にわくわく好奇心いっぱいで

年を重ねたい^^

80歳のバースデーコンサートも今から楽しみです♪

 

 

会場では、左手の文庫の募金箱が設置されていて、

ほんの少しだけですが寄付させていただいたら、

なんと!館野さんが撮影なさった

フィンランドの仕事部屋のお写真をいただき、

とても感激しました。

北欧の音楽家たちの音楽のこと、

もっと知りたい、伝えたいです。

 

左手の文庫→★★★

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

最後に<舘野泉 バースデー・コンサート2015 ~音楽と物語の世界>

プログラムを記しておきます。

 

バッハ / ブラームス:シャコンヌ

語りとピアノによる『白髪の恋の物語』☆

末吉保雄:土の歌・風の声(舘野泉に捧げる)

吉松隆:KENJI・・・宮澤賢治によせる ☆
オホーツク挽歌/銀河鉄道の夜より… 他
     (舘野泉に捧げる/「舘野泉左手の文庫(募金)」助成作品)

☆ 語り:草笛 光子 演出:栗原崇

 

 

リサイタルへの思い

 

 ここ数年、自分の誕生日である11月10日に

東京で自主公演をするのが慣例になっている。

それは自分の誕生日を祝うというよりは、音楽の道に導いてくれた

両親に対する挨拶や報告のようなものかもしれない。

いまはこんな音楽活動をしています、

こんな友達と新たな試みをしています、いかがでしょうか。

そんな挨拶をするのにヤマハホールはちょうどよい大きさだ。

しっかりした響きで美しさを伝え、緊張感も備えて無駄がない。

今年は草笛光子さんと一緒に吉松隆さんの新作

<KENJI>(宮澤賢治によせる)を演奏する。

6月に演奏したヴォーカル、チェロ、ピアノのトリオ版ではなく、

草笛さんと私の二人のためのヴァージョンだ。

それと、どんなものになるかはまだ分からないが

<白髪の恋の物語>をやってみたいと思っている。

年を重ねる喜び、悲しみ、辛さ、死と隣り合わせと感じる孤独、

しかしそこにある潔さ、面白さ、暖かくて悲しくて

素晴らしい今をやってみたいのだ。

私のソロでは末吉保雄の<土の歌・風の声>を演奏する。

現代日本の生んだピアノ音楽の傑作だと思っている。

そして、こうして並べてくると最初に置くのは

バッハーブラームスのシャコンヌ以外には考えられない。

 

舘野 泉

 

[ 積み重ねてきたものは何があっても奪われない。 ]アート&ライブ&ブック, , 2015/11/17 08:34