どこまでがドビュッシー?

 

ドビュッシー三昧の今日この頃。

青柳いずみこさんのドビュッシー本は、それぞれが違う切り口で

読む度に心にささる言葉があって、本当に凄いなと思う。

CD聴きながら、あれこれページをめくっているとすっと引き込まれてあっという間に朝に。。(^^;

 

 

この本のことを友人の木山みづほさんに伝えたら、数日後、

「青柳さんの『ドビュッシーとの散歩』って本、読んだよ。

あれ、良いわー。ラジオで朗読しようかな♪

『雨の庭』の和田アキ子んとこやオーヤン・フィーフィーんとこ、

めっちゃ好きやわー。」とメッセージが。

 

先日、彼女がパーソナリティを務める「東京オアシス」やわらかクラシック(FM調布)で、

そこんところこぶしつけて歌いながら読んでました(笑)→★★★

 

 

この本のドビュッシーの「グロテスクな美」の探求は、特に興味深いです。

冴えわたる文章で小気味よくテキストとパフォーマンスの不思議な関係が

いづみこ節で暴かれていきます。

 

 

 

昨年、サティ生誕150年にサラベール社からロバート・オーリッジの作品集3巻が出版されたのだけれど

???な補作部分などの謎も少し溶けました(笑)。

 

たくさんのエピソードたちにドビュッシーをとても近くに感じられるようになってきました。

随所に「あなたのドビュッシー弾いていんだよっ。」というメッセージを感じます。

 

これからも何度も読み返すであろう一冊です。

 

どこまでがドビュッシー?――楽譜の向こう側

青柳 いづみこ
岩波書店
2014-10-18