カテゴリー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

うれし悲しいひととき。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

『サティの音楽そっくりに

うれしさだけでも悲しさだけでもない、

うれし悲しいひとときだった。

サティの曲はそんな風。』

「サティさんは、かわりもの」の絵本(BL出版・絶版)から』

ピアノと語りの合わせ練習で

親友の朗読でこの言葉を聞く度に

この夏ベルギーの帰りに立ち寄ったサティの故郷

オンフルールの街の空気がほわっと胸によぎります。

 

その思い出話を少し。

パリのSaint Lazareから国鉄で約2時間。

Liser駅に着き、さあ、バスに乗ってあと1時間♪

と思ったら次のバスまであと一時間ですと。。

ネット情報では確かタクシーだと30分くらい。

タクシー乗り場に張ってあった番号に電話して

3つめの番号でようやくつながって、

会話辞書片手に必死に話したら

遠いからと断られてしまいました。

しばらくしたら運よく生まれも育ちもこの町という

人懐っこいお兄ちゃんのタクシーに乗れました。

お互い片言の英語で話が盛り上がり、

明日も迎えに行くよなんて約束してくれたのに、

翌朝は、来なかった。。(笑)

おかげで電車に乗り遅れ、購入してたチケット、

パーになっちゃったという。。

 

ようやく辿り着いたサティ邸で

閉館ぎりぎりまで過ごした後、

宿で勧められて行ったレストランでは、

18時にお店に入り、夕飯終わったのが21時前。。

流石の人気店、やがてお店はお客様でいっぱい。

どれもこれも、忘れられないほど美味しく、

でも、ウェーターさんたちが、どのお客様とも

長い間、おしゃべりを楽しむので

なかなか料理が出てこない。。

 

不思議とこの街では、こんなことが全く頭に来なかった^^

スマホなんて見ている人、誰もいなくて、

宿のお姉ちゃんも街角のタバコ屋のおじさんも

気さくに話しかけてくれて。

たった一泊だったけれどゆったり時間が流れてた。

 

そのお店に飾ってあった花の写真を見ながら、

つらつらとそんなことを思い出していました。

 

さて、リサイタル「サティさんはかわりもの」まで

あと三日となりました。

おかげさまで約ひと月前には、お席も全て埋まり、

会場に頼んで増席させていただけることにもなりました。

年末の貴重なお時間をいただけること、

それがどんなに大変なことか。

「何かお手伝いすることない?」

そんなお声までたくさんいただいて、

ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

都会の喧騒を少し忘れて、あの街で私が感じたような

静かでほっとするひと時を過ごしていただけたら。。

そんな思いで残り少ない開演までのお時間を

大切に過ごしたいと思います。

 

演奏者、そしてパーティチーム、スタッフ一同、

心を尽くしてお待ちしています。

どうぞお気をつけていらしてください。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年7月 オンフルールにて